hanover.jpg原題:HANOVER STREET
製作国:アメリカ
製作年:1979年
公開情報:劇場公開(COL)
初公開年月:1979/10/06
上映時間:109分
ジャンル:戦争/ロマンス



2015年3月11日(水)  13時00分~14時50分  NHKBSプレミアム

《あらすじ》
ヴィヴィアン・リー主演の古典的メロ・ドラマ「哀愁」をモチーフにした戦争恋愛映画。第二次世界大戦下のロンドン。主演はハリソン・フォード、共演にレスリー=アン・ダウン、 クリストファー・プラマー。

B25爆撃機の操縦士ハロランはふとしたきっかけで美しい女性マーガレットと知り合いたちまち恋に落ちる。

マーガレットは夫や可愛い娘がいる人妻だが、不安定な情勢に疲れてハロランとの日々に心の安らぎを求め、不倫関係を続けていくのだった。

そんな時、マーガレットの夫ポールが特殊任務のためドイツに潜入することになる。だが彼の輸送を担当するのは事もあろうにハロラン自身だった。そして悪い事にその爆撃機は目的地途中で敵の砲撃を浴び、一命は取り止めたものの飛行機は墜落し……。

前半はハロランとマーガレットのメロドラマ。後半がドイツ軍とのアクションと“一粒で二度美味しい”状態の異色作なのだが、メロドラマ部の出来の悪さがたたってか、元来「カプリコン・1」など、アクションがお得意の監督にしては後半のサスペンス部などの緊迫感がもうひとつ。

当時のロンドンの雰囲気を再現させたセットやJ・バリーの音楽がとても素敵な分、非常にもったいない作品である。

《キャスト》
出演:
ハリソン・フォード
レスリー=アン・ダウン
クリストファー・プラマー
アレック・マッコーエン
リチャード・メイサー
マイケル・サックス
パッツィ・ケンジット

《スタッフ》
監督:ピーター・ハイアムズ
製作:ポール・N・ラザルス三世
脚本:ピーター・ハイアムズ
撮影:デヴィッド・ワトキン
音楽:ジョン・バリー

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓  
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ