wake.jpg原題:JUST CAUSE
製作国:アメリカ
製作年:1995年
公開情報:劇場公開(WB)
初公開年月:1995/07/01
上映時間:102分
ジャンル:サスペンス
おすすめ度:★★★★☆
Hulu2015年6月配信

《解説・コメント》
猟奇殺人の真相を追う法律学者の活躍と、事件に秘められた意外な真実を描くサスペンス。ジョン・カッツェンバックの同名小説をアーネ・グリムシャーの監督で映画化。

主演はエグゼクティヴ・プロデューサーも担当したショーン・コネリー。共演にローレンス・フィッシュバーン、ケイト・キャプショー。

過去にNHKBSで見たっきりでストーリーは殆ど覚えていませんでした。ただ今回はHuluで新配信になっていたので鑑賞。

黒人が少女を殺した冤罪を主人公がその罪を晴らして、めでたしめでたしと思いきや、これではシンプルすぎてちとつまらんって感じでした。

何か裏があるのでは思っていたら、ちゃんと続きがあったんですね!(ラッキー)

まあ、隠された真相を見せてくれたことは、確かに面白かったように感じますが、ただ目新しさがなかったことだけが悔やまれます。

地元警察も憎めないし、ショーンさんの奥さんの行為も何とも言えない後苦さがあります。それでも全体的には意外性という意味では「まさか!」という展開で面白かったことにしておきます。

加えて、久々に見たケイト・キャプショーさんがかなり衰えていたのでびっくり!

それに少女の頃のスカーレット・ヨハンセンも出てきますよ。子役出身だったんですね、彼女!
私としては、今よりこの頃の方が綺麗だと思いましたが、それは見てのお楽しみ!(笑)

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
《あらすじ》
1986年フロリダ州オチョピー。11歳の白人少女ジョウニー・シュライヴァーが無残にも死体で発見された。

逮捕されたのは、黒人青年ボビー。死刑判決を受けた彼は、8年後にある行動を起こす。

死刑反対論を唱えるハーバード大学教授ポール・アームストロングの元に無実を訴える手紙を出したのだ。
過去に遡って調査を開始するポールの前には、次々と意外な事実が浮かび上がってくる…。

《キャスト》
出演:
ショーン・コネリー    
ローレンス・フィッシュバーン    
ケイト・キャプショー    
ブレア・アンダーウッド    
ルビー・ディー    
エド・ハリス

《スタッフ》
監督:アーネ・グリムシャー    
製作:リー・リッチ    
原作:ジョン・カッツェンバック    
脚本:ジェブ・スチュアート    
撮影:ラホス・コルタイ    
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

平均点:5.84 / 10点

「理由」は、今なら期間限定にて無料でご覧になれます!
⇒詳しくはHuluで今すぐチェック!

〈注〉Hulu配信スケジュールの関係により既に配信を終了している場合は、何卒ご容赦ください。

応援宜しくお願いします
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村